[ReMCat] [All files] [Newest]

1 - 100

  1. {2019:02857677:70(11):2} 美添 泰人. "統計の信頼性向上をめざして 日本統計学会臨時委員会報告について (その2)". 統計 70(11): 2-6. 日本統計協会.
  2. {2019:02857677:70(7):72} 神奈川県横須賀市政策推進部都市政策研究所. "統計利活用コーナー 地方公共団体における統計利活用表彰 (2018年) 総務大臣賞 横須賀市のEBPM推進に寄与する経済波及効果分析ツールの開発と全庁的活用". 統計 70(7): 72-77. 日本統計協会.
  3. {2019:02857677:70(6):6} 椿 広計. "公的統計に必要なマネジメントシステム" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(6): 6-9. 日本統計協会.
  4. {2019:02857677:70(10):2} 美添 泰人. "統計の信頼性向上をめざして 日本統計学会臨時委員会の報告書 (その1)". 統計 70(10): 2-6. 日本統計協会.
  5. {2019:02857677:70(5):2} "毎月勤労統計の不適切処理をめぐる問題の概要" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(5): 2-5. 日本統計協会.
  6. {2019:02857677:70(5):6} 竹内 啓. "毎月勤労統計不正問題とその背景" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(5): 6-9. 日本統計協会.
  7. {2019:02857677:70(6):10} 乾 友彦 + 牧野 達治. "加工統計の観点からみた公的統計の信頼性" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(6): 10-13. 日本統計協会.
  8. {2019:02857677:70(6):14} 西岡 慎一. "「統計不正問題」で賃金統計はどう歪んだか: 情勢判断に資する指標への改善を" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(6): 14-17. 日本統計協会.
  9. {2019:02857677:70(6):2} 美添 泰人. "公的統計の役割と人材の育成" (統計の信頼性向上をめざして). 統計 70(6): 2-5. 日本統計協会.
  10. {2019:AN00383144:107(15):32} "Question 毎月勤労統計はどこで間違ったの? 本当はどうすればよかったの?" (特集 数式なしで学べる! 統計学超入門: 政府の統計不正から学ぶ統計学の基本の「き」). 週刊ダイヤモンド 107(15): 32-33. ダイヤモンド社.
  11. {2019:AN10233068:61(8):128} 稲葉 清毅. "文系部族が支配する霞が関の弱点: 毎月勤労統計不正問題の背景" (ふしぎな社会・おかしな行政 第100回). 時評 61(8): 128-135. 時評社.
  12. {2019:AA11873824:19(4):34} 堤 堯. "「毎月勤労統計」の空騒ぎ" (永田町仄聞録 215). リベラルタイム 19(4): 34-36. リベラルタイム出版社.
  13. {2019:AN00232003:789:36} 伊藤 圭一. "毎月勤労統計の不正問題: その影響と背景". 学習の友 789: 36-39. 学習の友社.
  14. {2019:AN00383144:107(13):136} 野口 悠紀雄. "毎月勤労統計には不可解なことばかり" (「超」整理日記: 経済・メディア・情報を捌く 946). 週刊ダイヤモンド 107(13): 136-137. ダイヤモンド社.
  15. {2011:09185755:6336:150} 山田 昌弘. "The Compass 結婚願望が高まっても未婚化が止まらない不幸". 週刊東洋経済 6336: 150-151. 東洋経済新報社.
  16. {2012:09185755:6395:120} 宇野 常寛. "お金には (たぶん) ならない (第8回)「生涯未婚」という擬似問題". 週刊東洋経済 6395: 120. 東洋経済新報社.
  17. {2014:09185755:6514:43} "未婚化の加速で超単身社会が到来する" (特集 単身社会のリアル ひとりで生きる). 週刊東洋経済 6514: 43-42. 東洋経済新報社.
  18. {2019:02854619:987:88} "動かないコンピュータ 厚生労働省 不適切統計、2015万人の給付金誤る COBOLの改修漏れを14年間放置". 日経コンピュータ 987: 88-90. 日経BP社.
  19. {2019:02857677:70(1):32} 明石 純一. "日本における外国人人口の動態と外国人政策の新展開". 統計 70(1): 32-37. 日本統計協会.
  20. {2019:02857677:70(1):38} 林 玲子. "統計を深く知る 国際人口移動の数え方". 統計 70(1): 38-44. 日本統計協会.
  21. {2019:02857677:70(10):47} 北村 行伸. "北村行伸教授へのインタビュー 公的統計の学術利用の促進に向けて (統計専門機関を訪ねて 一橋大学経済研究所附属社会科学統計情報研究センター(東京都国立市) 公的統計の学術的管理・利用の拠点として)". 統計 70(10): 47-51. 日本統計協会.
  22. {2019:02857677:70(3):38} 大崎 敬子. "国際社会から見るジェンダー統計の進展". 統計 70(3): 38-43. 日本統計協会.
  23. {2019:02857677:70(3):15} 田中 由美子. "災害とジェンダー統計: ネパールの災害後ニーズ評価(PDNA)から" (特集 女性が輝く社会に向けて : ジェンダー統計の整備と活用). 統計 70(3): 15-21. 日本統計協会.
  24. {2019:02857677:70(3):44} 内閣府男女共同参画局調査課. "統計を深く知る 女性が輝く社会に向けて: ジェンダー統計の整備と活用". 統計 70(3): 44-47. 日本統計協会.
  25. {2019:02857677:70(3):8} 孫 亜文. "なにが家事時間を長くさせるのか: 家事を重荷に感じる理由・感じない理由を用いた考察" (特集 女性が輝く社会に向けて : ジェンダー統計の整備と活用). 統計 70(3): 8-14. 日本統計協会.
  26. {2019:02857677:70(4):2} 椿 広計. "「行政におけるデータ利活用の動向」に当たって: データ利活用とEBPM" (特集 行政におけるデータ利活用の動向). 統計 70(4): 2-5. 日本統計協会.
  27. {2019:02885093:1293:39} 明石 順平. "アベノミクスはどのように「偽装」されたのか: 勤労統計不正とGDPかさ上げ". 月刊保団連 1293: 39-44. 全国保険医団体連合会.
  28. {2019:04934067:2067:58} 三木 由希子. "情報公開クリアリングハウス(11)毎月勤労統計調査問題: なぜ起きたのか". 時の法令 2067: 58-62. 朝陽会.
  29. {2019:09185755:6839:9} 佐藤 主光. "経済を見る眼 毎月勤労統計問題はなぜ起きたか". 週刊東洋経済 6839: 9. 東洋経済新報社.
  30. {2019:13447904:300:19} "安倍政権の勤労統計データ偽造弾劾!". 新世紀 300: 19-25. 解放社.
  31. {2019:13425013:975:64} 伊藤 圭一. "毎月勤労統計不正問題からみえてきたこと". 前衛 975: 64-74. 日本共産党中央委員会 ; 1946-.
  32. {2019:13453033:70(13):56} 宅森 昭吉. "ズームアップ経済統計 統計不正における三つの問題: 厚生労働省「毎月勤労統計」". 金融財政事情 70(13): 56. 金融財政事情研究会.
  33. {2019:13453033:70(14):56} 宅森 昭吉. "ズームアップ経済統計 18年1月に重なった標本交替とベンチマーク更新: 厚生労働省「毎月勤労統計」". 金融財政事情 70(14): 56. 金融財政事情研究会.
  34. {2019:13453033:70(15):56} 宅森 昭吉. "ズームアップ経済統計 毎月勤労統計問題から考える共通事業所ベースの実質賃金: 厚生労働省「毎月勤労統計」、総務省「消費者物価指数」". 金融財政事情 70(15): 56. 金融財政事情研究会.
  35. {2019:13453033:70(24):64} 宅森 昭吉. "ズームアップ経済統計 一致CIを過度に悪化させた「毎勤」3月分確報の発表延期: 厚生労働省「毎月勤労統計」、内閣府「景気動向指数」". 金融財政事情 70(24): 64. 金融財政事情研究会 ; [1950]-.
  36. {2019:13467182:68:68} 田中 重人. "厚生労働省「労働時間等総合実態調査」に関する文献調査: 「前例」はいつ始まったのか". 東北大学文学研究科研究年報 68: 68-30. 東北大学大学院文学研究科.
  37. {2019:1882062X:175:1} 竹田 智哉. "2018年10~12月期GDP速報と先行き経済への視点: 『毎月勤労統計調査』再計算による賃金と消費の再評価". 経済のプリズム 175: 1-10. 参議院事務局企画調整室.
  38. {2019:AA12727409:35:94} 伊藤 圭一. "公務リストラと官邸への忖度の強制が生んだ統計のゆがみ: 毎月勤労統計不正問題" (特集 統計不正・国債の爆買い・消費増税からどう離脱するか アベノミクス偽装と消費税). Kokko 35: 94-107. 日本国家公務員労働組合連合会.
  39. {2019:AN00278208:97(3):104} 常井 健一. "厚労省 勤労統計不正 「ブラック官庁」の研究". 文芸春秋 97(3): 104-113. 文芸春秋.
  40. {2019:AN10509420:28(3):78} 高橋 洋一. "裸の霞が関官僚(24)官僚の「毎月勤労統計」不正は信じられない統計法違反だ: 国会、霞が関、マスコミなどの「ド文系」ばかりの弊害が". Themis 28(3): 78-79. テーミス.
  41. {2020:00227625:90:428} 牧野 淳一郎. "3.11以後の科学リテラシー (no. 89)". 科学 90[=90(5)]: 428-432. 岩波書店.
  42. {2020:00227625:90:489} 尾内 隆之 + 調 麻佐志. "新型コロナウイルス感染症対策における科学と政治" (特集 新型コロナウイルス感染症と科学的助言). 科学 90[=90(6)]: 489-507. 岩波書店.
  43. {2020:00227625:90:520} 牧野 淳一郎. "3.11以後の科学リテラシー (no. 90)" (特集 新型コロナウイルス感染症と科学的助言). 科学 90[=90(6)]: 520-526. 岩波書店.
  44. {2020:00227625:90:588} 牧野 淳一郎. "3.11以後の科学リテラシー (no. 91)". 科学 90[=90(7)]: 588-591. 岩波書店.
  45. {2020:00227625:90:696} 牧野 淳一郎. "3.11以後の科学リテラシー (no. 92)" (特集 複合災害下の問題群). 科学 90[=90(8)]: 696-698. 岩波書店.
  46. {2020:00227625:90:814} 牧野 淳一郎. "3.11以後の科学リテラシー (no .93)". 科学 90[=90(9)]: 814-817. 岩波書店.
  47. {2020:03873420:92(7):1} 米村 滋人. "感染症対策の法的ガバナンスと専門家の役割" (法律時評). 法律時報 92(7)[=92(7)(7)]: 1-3. 日本評論社.
  48. {2020:05824532:932:52} 舘田 一博. "インタビュー 専門家会議委員に聞く 日本なりの方法で感染拡大を防ぐ: 新型コロナウイルスの現在とこれから" (特集 コロナショック・ドクトリン). 世界 932: 52-56. 岩波書店.
  49. {2020:05824532:933:123} 岩田 正美. "誰がどのように「行動変容」すべきか: 新型コロナウイルスと日本社会" (特集 生存のために : コロナ禍のもとの生活と生命). 世界 933: 123-129. 岩波書店.
  50. {2020:05824532:934:97} 田中 重人. "感染症対策「日本モデル」を検証する: その隠された恣意性" (特集 転換点としてのコロナ危機). 世界 934: 97-104. 岩波書店.
  51. {2020:05824532:935:75} 本堂 毅. "感染症専門家会議の「助言」は科学的・公平であったか: 科学者・医学者の行動規範から検証する". 世界 935: 75-83. 岩波書店.
  52. {2020:05824532:937:27} 河合 香織. "分水嶺: 未知のウイルスを前に" (ドキュメント コロナ対策専門家会議 第1回). 世界 937: 27-41. 岩波書店.
  53. {2020:05824532:937:42} 山岡 淳一郎. "永寿ケース" (コロナ戦記 第1回). 世界 937: 42-51. 岩波書店.
  54. {2020:13467182:69:210} 田中 重人. "毎月勤労統計調査の諸問題". 東北大学文学研究科研究年報 69: 210-168. 東北大学大学院文学研究科.
  55. {2020:AN10044305:743:1192} "もの言う専門家会議の功罪: 警鐘次々 インパクト" (検証コロナ 次への備え 第4回: 7月30日 6面 (特別面 12版)). 743: 1192.
  56. {2020:AN10044305:742:353} 鵜飼 哲夫. "脳のクセを自覚する: 脳研究者 池谷裕二さん" (編集委員鵜飼哲夫の「ああ言えばこう聞く」: 6月9日 夕刊 7面 (3版)). 読売新聞縮刷版 742: 353.
  57. {2014:03879429:419:56} 齊藤 英和. "妊活最前線 卵子の加齢と不妊治療: 国立成育医療研究センター・周産期母性医療センター不妊診療科医長 齊藤英和さんに聞く". 女性のひろば 419: 56-62. 日本共産党中央委員会.
  58. {1998:AN1047274X:51(32):8} "40時間達成の特例措置事業場は6割弱: 44時間は8割が達成、労働省が週40時間の達成状況を調査 (98年度労働時間等総合実態調査 (労働省))". 賃金・労務通信 51(32): 8-11. 労働法令協会.
  59. {1986:13435809:639:9} 労働タイムス. "労働省の61年度労働時間総合実態調査結果". 労働タイムス 639: 9-23.
  60. {1986:AN00327799:39(24):1} 労働法令通信. "労働時間総合実態調査結果: 週所定労働時間 平均43時間57分". 労働法令通信 39(24)[=1411]: 1-5.
  61. {1986:AN00336199:39(11):2} 日労研資料. "労働時間総合実態調査結果 (速報) について: 昭和61.8.21発表 ― 労働省労働基準局". 日労研資料 39(11): 2-4.
  62. {1987:AN00327813:1161:33} 労働法律旬報. "資料1 労働時間総合実態調査結果 <速報>: 労働省 昭和61年8月21日" (特集 労働時間立法の課題: 中基審「建議」を読んで). 労働法律旬報 1161: 33-40.
  63. {1986:13435663:663:26} 労務事情. "週所定労働時間は、平均で43時間57分: 労働時間総合実態調査結果 (速報) 労働省" (特集 わが社の労働時間管理・休暇制度 関連資料1)). 労務事情 663: 26-28.
  64. {1986:03883965:8(10):80} エルダー. "労働省ニュース(2) 労働時間総合実態調査結果 (速報) について: 労働省労働基準局監督課". エルダー 8(10)[=84]: 80-82.
  65. {1991:09164871:290:12} いのちと健康. "週40時間制は…4月1日より、週法定労働時間44時間で決定" (調査/時間短縮). いのちと健康 290: 12-22. 労働教育センタ-.
  66. {1991:AN10504813:46:18} 労務ジャパン. "労働時間総合実態調査: 労働省労働基準局". 労務ジャパン 46: 18-22.
  67. {1990:AN00327799:43(27):1} 労働法令通信. "労働省が審議会に諮問: 週法定労働時間を44時間に 来年4月1日から". 労働法令通信 43(27)[=1546]: 1-8.
  68. {1992:13425064:43(22):1} 笹川靖雄. "労基法違反と監督行政: サービス残業、違法残業の是正に向けて". 労働法学研究会報 43(22): 1-28.
  69. {1990:AN1046251X:995:5} 労働基準広報. "緊急特集/労働時間短縮の第2段階: 来年4月から週44時間制に". 労働基準広報 995: 5-16.
  70. {1990:13425250:2995:39} 労政時報. "週44時間制への移行を中央労働基準審議会に諮問: 平成3年4月1日施行、猶予対象は現行と同一 (労働省)". 労政時報 2995: 39-46.
  71. {1990:13435663:755:56} 労務事情. "労働時間総合実態調査 (速報): 平成2年6月調査 労働省". 労務事情 755: 56-61.
  72. {1992:AN1046251X:1067:1} 労働基準広報. "労働省・労働時間総合実態調査結果の速報まとまる: 来年4月には週40時間以下が32%に". 労働基準広報 1067: 1-2.
  73. {1993:NDL=000000079764:493:23} 勤労者福祉情報. "労働時間総合実態調査結果 <労働省>". 勤労者福祉情報 493: 23-27. 労働者福祉中央協議会. NDL=000000079764.
  74. {1993:13425250:3098:84} 労政時報. "労働時間総合実態調査 (速報)〔資料出所:労働省労働基準局労働時間課〕". 労政時報 3098: 84-87.
  75. {1993:13425250:3140:49} 労政時報. "<参考> 労働時間総合実態調査: 平成5年度〔資料出所:労働省労働基準局賃金時間部労働時間課〕" (平成4年における労働時間、休日・休暇の実態). 労政時報 3140: 49-51.
  76. {1996:0916328X:8:151} 田中 重人. "戦後日本における性別分業の動態: 女性の職場進出と2重の障壁". 家族社会学研究 8: 151-161[208].
  77. {1997:00215414:48:130} 田中 重人. "高学歴化と性別分業:女性のフルタイム継続就業に対する学校教育の効果". 社会学評論 48[=48(2)]: 130-142. 日本社会学会.
  78. {2001:13435663:984:22} 労働省. "[特集資料2] 「1年単位の変形制を導入している」事業場は31.6%: 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(速報)" (特集 「新・労働時間管理」マニュアル). 労務事情 984: 22-32. 産労総合研究所.
  79. {2001:NDL=000000404091} IWATA Yuko. "Socialization through Two Languages: A Dinner Table Study of a Bilingual Family in Japan" (Ph.D. dissertation). International Christian University. NDL=000000404091.
  80. {2001:NDL=000004023809} 堀江 孝司. "女性の就労をめぐる政策と政治: フレキシビリゼーション・平等・再生産" (博士論文). 一橋大学. NDL=000004023809.
  81. {2002:13425250:3566:46} "関連資料 1 2002年度労働時間等総合実態調査: 時間外・休日労働に関する労使協定を締結している事業場は21.6%" (労働時間: 年休取得・時間外・割増率等の実態). 労政時報 3566: 46-51. 労務行政研究所.
  82. {2003:NDL=000007085499} 中田 照子. "生活時間調査による生活構造分析: 幼稚園・保育所制度の検討". NDL=000007085499; Kaken=12572002.
  83. {2004:NDL=000007548480} 杉浦 芳夫. "労働市場との関連からみた千葉ニュータウンの主婦の生活時間・生活空間". NDL=000007548480; Kaken=13680088.
  84. {2006:13425250:3688:99} "2005年度労働時間等総合実態調査: 特別条項付き労使協定を締結している事業場は27.7%" (主要調査にみる労働時間管理の現状). 労政時報 3688: 99-107. 労務行政研究所.
  85. {2006:NDL=000008163088} 藤原 眞砂. "生活時間データを用いた子育て支援政策構築の研究" (厚生労働科学研究費補助金 政策科学推進研究事業 平成17年度総括研究報告書). NDL=000008163088.
  86. {2007:NDL=000008599949} 藤原 眞砂. "生活時間データを用いた子育て支援政策構築の研究" (厚生労働科学研究費補助金 政策科学推進研究事業 平成17年度〜18年度総合研究報告書). NDL=000008599949.
  87. {2008:NDL=000009521803} 天野 晴子. "生活時間調査による新家事労働の実態把握とアンペイド・ワークの社会的評価方法の開発". NDL=000009521803; Kaken=16500486.
  88. {2018:AA11443417:254:1} 上西充子. "糖衣が剥がれ落ちた「働き方改革」" (特集 事実捻じ曲げ突き進む「働き方改革」). 月刊全労連 254: 1-10.
  89. {2018:9784875117698} 国立社会保障・人口問題研究所. 人口の動向: 日本と世界 (人口統計資料集 2018). 厚生労働統計協会.
  90. {1998:4895537560} 鈴木 秋悦. 卵子と精子: 不妊の病態をさぐる (Modern reproductive medicine 1). メジカルビュー社.
  91. {2000:4831901350} 鈴木 秋悦. 現代妊娠事情: 正しい妊娠の知識、持ってますか?. 報知新聞社.
  92. {1989:4062041693} ed.= 講談社; supervise=高橋 長雄. からだの地図帳. 講談社.
  93. {1982:4061394789} 鈴木 秋悦. ヒトの受精のタイミング. 講談社.
  94. {1991:4879133361} 産業労働調査所. 新時代の労働時間・余暇管理 (『労務事情』別冊). 経営書院.
  95. {1992:4308005256} ダイヤグラムグループ; tr.= 池上 千寿子. ウーマンズ・ボディー: 新版. 鎌倉書房.
  96. {2006:4879139599} 産労総合研究所. 職場のトラブル防止ハンドブック: 人事労務スタッフ・管理者,労組担当者のための. 経営書院.
  97. {2011:9783865057105} Marcus Stiglegger. Nazi-Chic und Nazi-Trash: faschistische sthetik in der populren Kultur (Kultur und Kritik 5). Bertz + Fischer.
  98. {2007:9784263202104} Keith L. Moore L. + T. V. N. Persaud; tr.= 瀬口 春道 + 小林 俊博 + Eva Garcia del Saz. ムーア人体発生学: 原著第7版. 医歯薬出版.
  99. {2013:9784272350384} 木村 尚子. 出産と生殖をめぐる攻防: 産婆・助産婦団体と産科医の一〇〇年. 大月書店.
  100. {2014:9784335501395} 木下 康仁. グラウンデッド・セオリー論 (現代社会学ライブラリー17). 弘文堂.

Next

Copyright (c) 2002-2008 TANAKA Sigeto

This page contains Japanese encoded in accordance with MS-KANJI ("Shift_JIS").