[ReMCat] [All files] [Newest]

1 - 100

  1. {1998:AN1047274X:51(32):8} "40時間達成の特例措置事業場は6割弱: 44時間は8割が達成、労働省が週40時間の達成状況を調査 (98年度労働時間等総合実態調査 (労働省))". 賃金・労務通信 51(32): 8-11. 労働法令協会.
  2. {1986:13435663:663:26} 労務事情. "週所定労働時間は、平均で43時間57分: 労働時間総合実態調査結果 (速報) 労働省" (特集 わが社の労働時間管理・休暇制度 関連資料1)). 労務事情 663: 26-28.
  3. {1986:AN00327799:39(24):1} 労働法令通信. "労働時間総合実態調査結果: 週所定労働時間 平均43時間57分". 労働法令通信 39(24)[=1411]: 1-5.
  4. {1986:AN00336199:39(11):2} 日労研資料. "労働時間総合実態調査結果 (速報) について: 昭和61.8.21発表 ― 労働省労働基準局". 日労研資料 39(11): 2-4.
  5. {1986:03883965:8(10):80} エルダー. "労働省ニュース(2) 労働時間総合実態調査結果 (速報) について: 労働省労働基準局監督課". エルダー 8(10)[=84]: 80-82.
  6. {1986:13435809:639:9} 労働タイムス. "労働省の61年度労働時間総合実態調査結果". 労働タイムス 639: 9-23.
  7. {1987:AN00327813:1161:33} 労働法律旬報. "資料1 労働時間総合実態調査結果 <速報>: 労働省 昭和61年8月21日" (特集 労働時間立法の課題: 中基審「建議」を読んで). 労働法律旬報 1161: 33-40.
  8. {1992:13425064:43(22):1} 笹川靖雄. "労基法違反と監督行政: サービス残業、違法残業の是正に向けて". 労働法学研究会報 43(22): 1-28.
  9. {1990:13425250:2995:39} 労政時報. "週44時間制への移行を中央労働基準審議会に諮問: 平成3年4月1日施行、猶予対象は現行と同一 (労働省)". 労政時報 2995: 39-46.
  10. {1990:13435663:755:56} 労務事情. "労働時間総合実態調査 (速報): 平成2年6月調査 労働省". 労務事情 755: 56-61.
  11. {1992:AN1046251X:1067:1} 労働基準広報. "労働省・労働時間総合実態調査結果の速報まとまる: 来年4月には週40時間以下が32%に". 労働基準広報 1067: 1-2.
  12. {1990:AN00327799:43(27):1} 労働法令通信. "労働省が審議会に諮問: 週法定労働時間を44時間に 来年4月1日から". 労働法令通信 43(27)[=1546]: 1-8.
  13. {1991:09164871:290:12} いのちと健康. "週40時間制は…4月1日より、週法定労働時間44時間で決定" (調査/時間短縮). いのちと健康 290: 12-22. 労働教育センタ-.
  14. {1991:AN10504813:46:18} 労務ジャパン. "労働時間総合実態調査: 労働省労働基準局". 労務ジャパン 46: 18-22.
  15. {1990:AN1046251X:995:5} 労働基準広報. "緊急特集/労働時間短縮の第2段階: 来年4月から週44時間制に". 労働基準広報 995: 5-16.
  16. {1993:13425250:3140:49} 労政時報. "<参考> 労働時間総合実態調査: 平成5年度〔資料出所:労働省労働基準局賃金時間部労働時間課〕" (平成4年における労働時間、休日・休暇の実態). 労政時報 3140: 49-51.
  17. {1993:NDL=000000079764:493:23} 勤労者福祉情報. "労働時間総合実態調査結果 <労働省>". 勤労者福祉情報 493: 23-27. 労働者福祉中央協議会. NDL=000000079764.
  18. {1993:13425250:3098:84} 労政時報. "労働時間総合実態調査 (速報)〔資料出所:労働省労働基準局労働時間課〕". 労政時報 3098: 84-87.
  19. {1996:0916328X:8:151} 田中 重人. "戦後日本における性別分業の動態: 女性の職場進出と2重の障壁". 家族社会学研究 8: 151-161[208].
  20. {1997:00215414:48:130} 田中 重人. "高学歴化と性別分業:女性のフルタイム継続就業に対する学校教育の効果". 社会学評論 48[=48(2)]: 130-142. 日本社会学会.
  21. {2001:13435663:984:22} 労働省. "[特集資料2] 「1年単位の変形制を導入している」事業場は31.6%: 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(速報)" (特集 「新・労働時間管理」マニュアル). 労務事情 984: 22-32. 産労総合研究所.
  22. {2001:NDL=000004023809} 堀江 孝司. "女性の就労をめぐる政策と政治: フレキシビリゼーション・平等・再生産" (博士論文). 一橋大学. NDL=000004023809.
  23. {2001:NDL=000000404091} IWATA Yuko. "Socialization through Two Languages: A Dinner Table Study of a Bilingual Family in Japan" (Ph.D. dissertation). International Christian University. NDL=000000404091.
  24. {2002:13425250:3566:46} "関連資料 1 2002年度労働時間等総合実態調査: 時間外・休日労働に関する労使協定を締結している事業場は21.6%" (労働時間: 年休取得・時間外・割増率等の実態). 労政時報 3566: 46-51. 労務行政研究所.
  25. {2003:NDL=000007085499} 中田 照子. "生活時間調査による生活構造分析: 幼稚園・保育所制度の検討". NDL=000007085499; Kaken=12572002.
  26. {2004:NDL=000007548480} 杉浦 芳夫. "労働市場との関連からみた千葉ニュータウンの主婦の生活時間・生活空間". NDL=000007548480; Kaken=13680088.
  27. {2006:13425250:3688:99} "2005年度労働時間等総合実態調査: 特別条項付き労使協定を締結している事業場は27.7%" (主要調査にみる労働時間管理の現状). 労政時報 3688: 99-107. 労務行政研究所.
  28. {2006:NDL=000008163088} 藤原 眞砂. "生活時間データを用いた子育て支援政策構築の研究" (厚生労働科学研究費補助金 政策科学推進研究事業 平成17年度総括研究報告書). NDL=000008163088.
  29. {2007:NDL=000008599949} 藤原 眞砂. "生活時間データを用いた子育て支援政策構築の研究" (厚生労働科学研究費補助金 政策科学推進研究事業 平成17年度〜18年度総合研究報告書). NDL=000008599949.
  30. {2008:NDL=000009521803} 天野 晴子. "生活時間調査による新家事労働の実態把握とアンペイド・ワークの社会的評価方法の開発". NDL=000009521803; Kaken=16500486.
  31. {2018:AA11443417:254:1} 上西充子. "糖衣が剥がれ落ちた「働き方改革」" (特集 事実捻じ曲げ突き進む「働き方改革」). 月刊全労連 254: 1-10.
  32. {2018:9784875117698} 国立社会保障・人口問題研究所. 人口の動向: 日本と世界 (人口統計資料集 2018). 厚生労働統計協会.
  33. {1989:4062041693} ed.= 講談社; supervise=高橋 長雄. からだの地図帳. 講談社.
  34. {2000:4831901350} 鈴木 秋悦. 現代妊娠事情: 正しい妊娠の知識、持ってますか?. 報知新聞社.
  35. {1998:4895537560} 鈴木 秋悦. 卵子と精子: 不妊の病態をさぐる (Modern reproductive medicine 1). メジカルビュー社.
  36. {1992:4308005256} ダイヤグラムグループ; tr.= 池上 千寿子. ウーマンズ・ボディー: 新版. 鎌倉書房.
  37. {1991:4879133361} 産業労働調査所. 新時代の労働時間・余暇管理 (『労務事情』別冊). 経営書院.
  38. {1982:4061394789} 鈴木 秋悦. ヒトの受精のタイミング. 講談社.
  39. {2006:4879139599} 産労総合研究所. 職場のトラブル防止ハンドブック: 人事労務スタッフ・管理者,労組担当者のための. 経営書院.
  40. {2011:9783865057105} Marcus Stiglegger. Nazi-Chic und Nazi-Trash: faschistische sthetik in der populren Kultur (Kultur und Kritik 5). Bertz + Fischer.
  41. {2007:9784263202104} Keith L. Moore L. + T. V. N. Persaud; tr.= 瀬口 春道 + 小林 俊博 + Eva Garcia del Saz. ムーア人体発生学: 原著第7版. 医歯薬出版.
  42. {2013:9784272350384} 木村 尚子. 出産と生殖をめぐる攻防: 産婆・助産婦団体と産科医の一〇〇年. 大月書店.
  43. {2014:9784335501395} 木下 康仁. グラウンデッド・セオリー論 (現代社会学ライブラリー17). 弘文堂.
  44. {2015:9784790716587} 武田 丈. 参加型アクションリサーチ(CBPR)の理論と実践: 社会変革のための研究方法論 (関西学院大学研究叢書 168). 世界思想社.
  45. {2017:9784762027376} 大和 礼子. オトナ親子の同居・近居・援助: 夫婦の個人化と性別分業の間. 学文社.
  46. {2018:9783658234225} Annete Schad-Seifert + Nora Kottmann. Japan in der Krise: Soziale Herausforderungen und Bewaltigungsstrategien (Research). Springer VS.
  47. {2018:9784790717102} 尾嶋 史章 + 荒牧 草平. 高校生たちのゆくえ: 学校パネル調査からみた進路と生活の30年. 世界思想社.
  48. {1998:02681161:13:394} Allen J. Wilcox + Clarice R. Weinberg + Conna D. Baird. "Post-ovulatory ageing of the human oocyte and embryo failure". Human reproduction 13[=13(2)]: 394-397.
  49. {2017:05584728:66:1189} 浜谷 敏生 + 中川 亮 + 祝井 麻希 + 佐々木 拓幸 + 上條 慎太郎 + 小川 誠司 + 山田 満稔 + 田中 守. "抗ミュラー管ホルモン(anti-Mullerian hormone ; AMH)と不妊" (特集 産婦人科診療で用いられるバイオマーカー). 産婦人科の実際 66[=66(10)]: 1189-1196. 金原出版.
  50. {2018:BB26247291} 羽田 貴史. 研究倫理マネジメントの手引き (PDブックレット 10). 東北大学高度教養教育・学生支援機構.
  51. {1996:1565654552} M. Sara Rosenthal. The fertility sourcebook. Lowell House.
  52. {1998:1565658663} M. Sara Rosenthal. The fertility sourcebook (2nd ed.). Lowell House.
  53. {2018:9784866860022} Anne Fausto-Sterling; tr.=福富 護 + 上瀬 由美子 + 宇井 美代子 + 立脇 洋介 + 西山 千恵子 + 関口 元子. セックス/ジェンダー: 性分化をとらえ直す. 世織書房.
  54. {2018:9784991031601} TANAKA Sigeto. Unscientific visual representations used for the "egg aging" campaign in 2010s Japan (Project “Unscientific knowledge and the egg aging panic" research report I). (Sendai). .
  55. {1993:4175511059} 文部省. 我が国の文教施策 (平成5年度): 「文化発信社会」に向けて. 大蔵省印刷局.
  56. {2017:9783319680118} Gabriele Vogt. Population Aging and International Health-Caregiver Migration to Japan (SpringerBriefs in population studies). Springer.
  57. {0000:localdoc:24:000125751} 三重県 子ども・福祉部 少子化対策課. "将来のために知っておきたい妊娠のこと". .
  58. {2010:localdoc:41:kiji00334035} 佐賀県 健康福祉本部 母子健康福祉課 ; supervisor= 佐賀県医師会 産婦人科医部会. "ファミリープラン: 健やかな妊娠のために". .
  59. {2014:localdoc:13:jfpa} 日本家族計画協会; supervisor= 北村 邦夫. "いつか子供がほしいと思っているあなたへ: 実は身近な不妊の話". .
  60. {2016:tsigeto.info:17s} TANAKA Sigeto. "The origin of a chart indicating the likelihood of conception linearly declining with age: a literature survey". DOI=10.31235/osf.io/huk49.
  61. {2009:9784903598116} 浅田 義正 + 松島 美紀. 卵子の話. シオン.
  62. {2013:9784166609062} 河合 蘭. 卵子老化の真実 (文春新書 906). 文藝春秋.
  63. {2016:tsigeto.info:16m} TANAKA Sigeto. "Menken ほか (1986) の Science 論文から「代表的なデータを抜粋」したと称する日本生殖医学会サイトのグラフについて". .
  64. {1974:00324701:40:185} Ansley J. Coale + T. James Trussell. "Model fertility schedules: variations in the age structure of childbearing in human populations". Population index 40[=40(2)]: 185-258.
  65. {1961:AA00169583:8:81} Louis Henry. "Some data on natural fertility". Eugenics quarterly 8[=8(2)]: 81-91.
  66. {1972:03009750:71:S18} T. G. Baker. "Gametogenesis" (Supplementum 166: The use of non-human primates in research on human reproduction (proceedings of a symposium organized by WHO and USSR at Sukhumi, Georgia, 1971-12-13..17)). Acta Endocrinologica: Supplementum 71: S18-S41.
  67. {1975:00214493:74:891} 日本医学会. "第36回日本医学会シンポジウム: 初期発生(II)". 日本医師会雑誌 74[=74(8)]: 891-946.
  68. {1965:00324728:19:65} Mindel C. Sheps. "An analysis of reproductive patterns in an American isolate". Population studies 19[=19(1)]: 65-80.
  69. {1952:00015180:14:108} Erik Block. "Quantitative morphological investigations of the follicular system in women: variations at different ages". Acta Anatomica 14: 108-123.
  70. {1971:00029378:110:746} T. G. Baker. "Radiosensitivity of mammalian oocytes with particular reference to the human female.". American journal of obstetrics and gynecology 110: 746-761.
  71. {1963:00804649:158:417} T. G. Baker. "A quantitative and cytological study of germ cells in human ovaries". Proceedings of the Royal Society of London. Series B, Biological Sciences 158: 417-433.
  72. {1979:0037766X:26:330} William H. James. "The causes of the decline in fecundability with age". Social biology 26[=26(4)]: 330-334.
  73. {1979:03721566:16:1463} 鈴木 秋悦. "卵子の異常: 老化との関連で". 代謝 16[=202]: 1463-1467.
  74. {1978:0037766X:25:210} Jean-Pierre Bendel + Chang-i Hua. "An estimate of the natural fecundability ratio curve". Social biology 25[=25(3)]: 210-227.
  75. {1986:01934511:233:1389} Jane Menken + James Trussell + Ulla Larsen. "Age and infertility". Science 233[=4771]: 1389-1394.
  76. {1989:02600854:11:61} James W. Wood. "Fecundity and natural fertility in humans". Oxford reviews of reproductive biology 11: 61-109.
  77. {1992:02681161:7:1342} M. J. Faddy + R. G. Gosden + A. Gougeon + S. J. Richardson + J. F. Nelsonet. "Accelarated disappearance of ovarian follicles in mid-life: implications for forecasting menopause". Human reproduction 7[=7(10)]: 1342-1346.
  78. {1998:03785122:30:119} E. R. te Velde + M. Dorland + F. J. Broekmans FJ. "Age at menopause as a marker of reproductive ageing". Maturitas 30: 119-125.
  79. {1998:03785122:30:127} K. A. O'Connor + D. A. Holman + J. W. Wood. "Declining fecundity and ovarian ageing in natural fertility populations". Maturitas 30: 127-136.
  80. {2000:14359871:3(5)} Bernardo Colombo + Guido Masarotto. "Daily fecundability: first results from a new data base". Demographic Research 3(5).
  81. {2000:03009165:52:N278} 小池 浩司. "クリニカルカンファランス 境界領域へのチャレンジ 4)高齢不妊婦人の問題点: (2) 卵巣機能不全" (特集: 第52回日本産科婦人科学会生涯研修プログラム). 日本産科婦人科学会雜誌 52[=52(9)]: N278-N281.
  82. {2001:0006341X:57:1067} David B. Dunson. "Bayesian modeling of the level and duration of fertility in the menstrual cycle". Biometrics 57[=57(4)]: 1067-1073.
  83. {2002:02681161:17:1399} D. B. Dunson + B. Colombo + D. D. Baird. "Changes with age in the level and duration of fertility in the menstrual cycle". Human reproduction 17[=17(5)]: 1399-1403. European Society of Human Reproduction and Embryology.
  84. {2002:0737303808} M. Sara Rosenthal. The fertility sourcebook (3rd ed.). McGraw-Hill.
  85. {2010:localdoc:31:otokotoonna} 鳥取県 福祉保健部 子育て支援総室 + 日本助産師会 鳥取県支部. 女と男の幸せガイド: 健やかなパートナーシップをめざして. .
  86. {2012:Diet:181:050} 野田 聖子. "妊娠適齢期についての教育及び若い時期に女性が働きながら産み・育てることができる社会基盤の欠如に関する質問主意書" (第181回国会 質問第50号). .
  87. {2013:02681161:28:385} Laura Bunting + Ivan Tsibulsky + Jacky Boivin. "Fertility knowledge and beliefs about fertility treatment: findings from the International Fertility Decision-making Study". Human reproduction 28[=28(2)]: 385-397.
  88. {2013:JSRM:qa} 日本生殖医学会. "不妊症Q&A". .
  89. {2013:yoshimurayasunori.jp:06:25} 吉村 やすのり. "卵子の老化-続報- 女性の年齢と妊孕力との関係". 吉村やすのり生命の環境研究所. .
  90. {2013:MHLW:boshi} 厚生労働省. "知っていますか? 男性のからだのこと、女性のからだのこと: 健康で充実した人生のための基礎知識". .
  91. {2013:MHLW:report:201219019A} 山縣 然太朗. 母子保健事業の効果的実施のための妊婦健診、乳幼児健診データの利活用に関する研究: 総括・分担研究報告書 (厚生労働科学研究費補助金 疾病・障害対策研究分野 成育疾患克服等次世代育成基盤研究 2012年度). .
  92. {2014:MHLWChannel:mgW51MUELqI} 厚生労働省. "妊娠と不妊について". .
  93. {2014:NGA:sengen} 全国知事会. 少子化非常事態宣言 (平成26年7月15日). .
  94. {2014:CAO:taikou:3s2p1} 齊藤 英和. "妊娠適齢期を意識したライフプランニング" (新たな少子化社会対策大綱策定のための検討会 第3回 資料2 (1/2)). .
  95. {2016:9780062429810} Kyra Phillips + Jamie Grifo. The whole life fertility plan: understanding what effects your fertility to help you get pregnant when you want to. William Morrow.
  96. {2015:synodos.jp:education:15125} 高橋さきの. "「妊娠しやすさ」グラフはいかにして高校保健・副教材になったのか". Synodos 2015.09.14. .
  97. {2015:13478168:69:410} 河合 蘭. "出産年齢と妊孕性について伝える方法 前編: 警鐘が鳴らされてから全国展開が始まるまで". 助産雑誌 69[=69(5)]: 410-415.
  98. {2015:CAO:taikou:7s3p2} 齊藤英和. "すこやかな妊娠と出産を迎えるために: 正しく知ることから始めよう" (新たな少子化社会対策大綱策定のための検討会 第7回 資料3 (2/5)). .
  99. {2015:localdoc:29:139347} 奈良県 医療政策部 保健予防課. 今 伝えたい!! 将来のあなたへ: 安心・安全な妊娠・出産マイライフプランのために (初版). .
  100. {2015:localdoc:14:ovum:01} 神奈川県 健康医療局 保健医療部 健康増進課 母子保健グループ. "卵子の数は減っていく (1)" (丘の上のお医者さん). .

Next

Copyright (c) 2002-2008 TANAKA Sigeto

This page contains Japanese encoded in accordance with MS-KANJI ("Shift_JIS").