[ReMCat] [All files] [Newest]

1 - 100

  1. {2018:9784991031601} Unscientific visual representations used for the "egg aging" campaign in 2010s Japan (Project “Unscientific knowledge and the egg aging panic" research report I). (Sendai). .
  2. {2018:9784991031618} 田中 重人. 2010 年代日本における「卵子の老化」キャンペーンと非科学的視覚表象 (Project “Unscientific knowledge and the egg aging panic" research report II). 田中重人研究室 (Sendai). .
  3. {1973:BA40418025} 鈴木 秋悦. ミスのための結婚医学: 妻と母の適性チェック100 (栄大ブックス). 女子栄養大学出版部.
  4. {1982:4061394789} 鈴木 秋悦. ヒトの受精のタイミング. 講談社.
  5. {1983:BN03060434} 鈴木 秋悦. 生殖のバイオロジー (からだの科学選書). 日本評論社.
  6. {1989:4062041693} ed.= 講談社; supervise=高橋 長雄. からだの地図帳. 講談社.
  7. {1992:4308005256} ダイヤグラムグループ; tr.= 池上 千寿子. ウーマンズ・ボディー: 新版. 鎌倉書房.
  8. {1998:4895537560} 鈴木 秋悦. 卵子と精子: 不妊の病態をさぐる (Modern reproductive medicine 1). メジカルビュー社.
  9. {2000:4831901350} 鈴木 秋悦. 現代妊娠事情: 正しい妊娠の知識、持ってますか?. 報知新聞社.
  10. {2007:9784263202104} Keith L. Moore L. + T. V. N. Persaud; tr.= 瀬口 春道 + 小林 俊博 + Eva Garcia del Saz. ムーア人体発生学: 原著第7版. 医歯薬出版.
  11. {2011:9783865057105} Marcus Stiglegger. Nazi-Chic und Nazi-Trash: faschistische sthetik in der populren Kultur (Kultur und Kritik 5). Bertz + Fischer.
  12. {2017:9784762027376} 大和 礼子. オトナ親子の同居・近居・援助: 夫婦の個人化と性別分業の間. 学文社.
  13. {2018:9784790717102} 尾嶋 史章 + 荒牧 草平. 高校生たちのゆくえ: 学校パネル調査からみた進路と生活の30年. 世界思想社.
  14. {2018:9784866860022} Anne Fausto-Sterling; tr.=福富 護 + 上瀬 由美子 + 宇井 美代子 + 立脇 洋介 + 西山 千恵子 + 関口 元子. 世織書房.
  15. {2016:BB13052019} 立教大学 社会学部 社会学科 村瀬洋一研究室. 行動科学と計量社会学: 2015年度 専門演習2・卒業論文演習 (村瀬洋一担当) ゼミ報告書. 村瀬洋一.
  16. {1997:AN0018785X:12:12} 労働時間課. "週四〇時間達成事業場が前年度より三七・五ポイント増加: 平成九年度労働時間等総合実態調査の結果がまとまる". 労働基準 12: 12-13. 日本労務研究会.
  17. {2001:AN1046251X:1352:19} "ほぼ9割の企業が法定の割増賃金率を採用" ((労務資料) 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(3): 時間外・休日労働、深夜労働の割増賃金率 (労働省調べ)). 労働基準広報 1352: 19-21. 労働調査会.
  18. {2014:03856631:2667:24} "2013年度 労働時間等総合実態調査: 厚生労働省". 賃金事情 2667: 24-33. 産労総合研究所.
  19. {2014:9784062188494} 齋藤 英和 + 白河 桃子. 「産む」と「働く」の教科書. 講談社.
  20. {1998:AN1047274X:32:8} "40時間達成の特例措置事業場は6割弱: 44時間は8割が達成、労働省が週40時間の達成状況を調査 (98年度労働時間等総合実態調査 (労働省))". 賃金・労務通信 32: 8-11. 労働法令協会.
  21. {1997:13436902:23:58} "平成9年度労働時間等総合実態調査結果 (2): 労働省 平成九年九月" (<特集> 労働時間法制等労働基準法改正 (III)). 女性と労働21 23: 58-74. フォーラム・「女性と労働21」.
  22. {2001:AN00172502:1173:26} "平成12年度労働時間等総合実態調査: 事業場平均の週所定労働時間は38時間38分 (厚生労働省調べ)" (データファイル). 先見労務管理 1173: 26-35. 労働調査会.
  23. {2000:AN1046251X:1348:20} "4割の企業が法定休日労働を月2日で協定" ((労務資料) 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(2): 三六協定上の法定休日労働の限度日数等 (労働省調べ)). 労働基準広報 1348: 20-22. 労働調査会.
  24. {2000:AN1046251X:1347:18} "6割が1年の限度時間を360時間で協定" ((労務資料) 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(1): 三六協定上の時間外労働の上限 (労働省調べ)). 労働基準広報 1347: 18-21. 労働調査会.
  25. {1997:13436902:23:55} "平成9年度労働時間等総合実態調査 (所定労働時間) 結果 (1): 労働省 平成九年九月" (<特集> 労働時間法制等労働基準法改正 (III)). 女性と労働21 23: 55-57. フォーラム・「女性と労働21」.
  26. {2006:03856631:2504:41} "2005年度 労働時間等総合実態調査: 一般労働者の法定時間外労働 月平均15時間 最長の者で25.5時間/裁量労働制適用者の1日の労働時間は専門業務型で9時間19分 最長の者で12時間38分". 賃金事情 2504: 41-49. 産労総合研究所.
  27. {2002:13425250:3566:46} "関連資料 1 2002年度労働時間等総合実態調査: 時間外・休日労働に関する労使協定を締結している事業場は21.6%" (労働時間: 年休取得・時間外・割増率等の実態). 労政時報 3566: 46-51. 労務行政研究所.
  28. {1997:13436724:205:14} "平成9年度労働時間等総合実態調査 (所定労働時間): 労働省発表・平成9年10月9日". 労使の焦点 205: 14-15. 社会経済生産性本部.
  29. {2001:13435663:984:22} 労働省. "[特集資料2] 「1年単位の変形制を導入している」事業場は31.6%: 平成12年度労働時間等総合実態調査結果(速報)" (特集 「新・労働時間管理」マニュアル). 労務事情 984: 22-32. 産労総合研究所.
  30. {2005:AN00327799:58(8):28} "<労働時間等総合実態調査> 週所定労働時間四〇時間以下の事業場は九一・一%: 特別条項付き時間外労働に関する労使協定締結事業場は一四・六%". 労働法令通信 58(8): 28-31. 労働法令協会.
  31. {2006:13425250:3688:99} "2005年度労働時間等総合実態調査: 特別条項付き労使協定を締結している事業場は27.7%" (主要調査にみる労働時間管理の現状). 労政時報 3688: 99-107. 労務行政研究所.
  32. {2006:AN00327799:2074:28} "裁量労働制適用労働者数 企画業務型は1事業場あたり平均27.8人: 専門業務型裁量労働制は49.1人/厚生労働省「労働時間等総合実態調査」". 労働法令通信 2074: 28-32. 労働法令協会.
  33. {1986:03873145:41:151} 阿部 耕也. "子ども電話相談における類型化の問題-相互行為としての「相談」への会話分析による接近の試み-". 教育社会学研究 41: 151-165.
  34. {1992:04934350:43(1):193} 有賀 美和子. "性差研究の変遷と最近の動向" (批評と紹介). 東京女子大学紀要論集 43(1): 193-204. 東京女子大学.
  35. {1990:02865254:22:35} 西村 由起子. "会話分析と英語教育". 東洋女子短期大学紀要 22: 35-47.
  36. {1991:04934350:41(2):113} 有賀 美和子. "「経済的依存性」とジェンダー". 東京女子大学紀要論集 41(2): 113-132. 東京女子大学.
  37. {1989:04934350:40(1):115} 有賀 美和子. "フラックスの「ジェンダー論」" (批評と紹介). 東京女子大学紀要論集 40(1): 115-127. 東京女子大学.
  38. {1995:04934350:46(1):185} 有賀 美和子. "イギリス女性学の諸相(その1)" (批評と紹介). 東京女子大学紀要論集 46(1): 185-203. 東京女子大学.
  39. {1994:09162089:7:131} 横山 吉樹. "第二言語におけるNegotiation of Meaning研究の問題点について: 談話分析の観点から". 北海道東海大学紀要. 人文社会科学系 7: 131-141.
  40. {1993:04934350:44(1):123} 有賀 美和子. "ロールズの正義論とフェミニズム". 東京女子大学紀要論集 44(1): 123-142. 東京女子大学.
  41. {1995:09123911:12:217} 青木 美穂子 + 井上 順子 + 清水 武雄. "中学校英語教科書のテクスト分析(1): NEW CROWN2, Lesson8における「結果」関係の分析と試案". 群馬大学教育実践研究 12: 217-228.
  42. {1996:04934350:47(1):191} 有賀 美和子. "イギリス女性学の諸相(その2): 1990年代の新展開" (批評と紹介). 東京女子大学紀要論集 47(1): 191-211. 東京女子大学.
  43. {1997:13424416:2:131} 深澤 のぞみ. "会話への積極関与としての割り込み発話: 異文化間コミュニケーションの会話分析". 社会環境研究 2: 131-139.
  44. {1997:09174605:7(2):237} 鈴井 江三子. "わが国における人工妊娠中絶の実態について: その対策とケアのあり方を問う". 川崎医療福祉学会誌 7(2): 237-248. 川崎医療福祉大学.
  45. {1998:02856352:26:23} 若野 恵. "可決・否決のストラテジー ―大学生の話し合い場面の会話分析―". 日本語と日本文学 26: 23-38.
  46. {1998:09137041:11:49} 宇佐美 まゆみ. "初対面二者間会話における「ディスコース・ポライトネス」". Human communication education 11: 49-61.
  47. {1999:09108173:46(4):19} 岡田 栄造 + 寺内 文雄 + 久保 光徳 + 青木 弘行. "文学作品のテキスト分析による椅子のイメージの検討: 椅子の社会的イメージに関する史的考察". デザイン学研究 46(4): 19-26.
  48. {2000:09172939:10} 高崎 三千代 + 古川 嘉子. "ビジターセッションにおけるロールプレイの効果: 1998年度海外日本語教師長期研修「聴解口頭表現」における実践". 日本語国際センター紀要 10.
  49. {2000:09161422:15:51} 加藤 千恵子 + 柏木 惠子. "成人期前期の日本男性の結婚観・仕事観: インタビューおよびKJ法・最適尺度法による". 発達研究 15: 51-77. 発達科学研究教育センター.
  50. {2000:13424416:5:1} 吉村 浩一. "「そうですね」の会話分析の枠組み: 心理学とエスノメソドロジーからの検討". 社会環境研究 5: 1-9.
  51. {2001:09139745:15:63} 小山 由紀江 + NAGANO Robin. "科学技術論文のコーパスに基づくテキスト分析と英語教育への応用". 長岡技術科学大学言語・人文科学論集 15: 63-84.
  52. {2001:04376161:55} 菅野 昌史. "陪審評議の会話秩序". 法社会学 55.
  53. {2001:09186050:12(3):63} 高山 啓子. "CM視聴活動実践における視聴者の構成: 会話と映像のシークエンス分析". 川村学園女子大学研究紀要 12(3): 63-75.
  54. {2001:02874008:11:39} 齋藤 ひろみ. "教室会話に見られる生徒の母語使用をめぐって: 外国人児童生徒クラスにおける教科学習場面の会話分析". 東京学芸大学海外子女教育センター研究紀要 11: 39-53.
  55. {2002:02855925:45:176} 田中 康秀. "わが国における男女間賃金格差の再検討: 差別要因と期待要因に関連して". 日本経済研究 45: 176-200. 日本経済研究センター.
  56. {2002:03893456:50(2):37} 串田 秀也. "統語的単位の開放性と参与の組織化(1): 引き取りのシークエンス環境". 大阪教育大学紀要. II, 社会科学・生活科学 50(2): 37-64.
  57. {2002:13424289:22:1} 大瀧,敏夫. "医師・患者間の会話分析日米比較: 「人生相談」テクスト・スキーマとの比較において". 金沢大学文学部論集. 言語・文学篇 22: 1-21.
  58. {2003:09161422:17:53} 大野 祥子 + 田矢 幸江 + 柏木 惠子. "男性の家事分担を促進する要因". 発達研究 17: 53-67. 発達科学研究教育センター.
  59. {2004:03873161:71(4):399} 小山 静子. "少産社会の子ども観: 「作るもの」「育てるもの」としての子ども" (<特集>少子社会と子ども・学校・家族). 教育学研究 71(4): 399-409.
  60. {2004:13411306:64:70} 山田 富秋. "エスノメソドロジー・会話分析におけるメッセージ分析の方法" (特集 メッセージ分析の可能性). マス・コミュニケーション研究 64: 70-86.
  61. {2005:13435647:134:2} 安藏 伸治. "未婚化、晩婚化、非婚化の実証分析: なぜ「いい人」がいないか" (特集 結婚と情報). エストレーラ 134: 2-11. 統計情報研究開発センター.
  62. {2006:02864886:61(3):210} 若林 芳樹. "東京大都市圏における保育サービス供給の動向と地域的差異" (2005年度秋季学術大会シンポジウム「女性の就業と生活空間の多様性: 地理学の視点」). 地理科学 61(3): 210-222.
  63. {2006:02864436:49:110} 柳 慧政. "日韓の依頼談話の開始部の対照研究: 会話分析を中心に". 学習院大学国語国文学会誌 49: 110-95.
  64. {2007:04934350:57(2):151} 有賀 美和子. "フェミニズム正義論の新展開: ケアワークの再分配を軸として". 東京女子大学紀要論集 57(2): 151-183. 東京女子大学.
  65. {2002:4563051004} 日本人口学会. 人口大事典. 培風館.
  66. {2007:9780804754866} ed.= Frances McCall Rosenbluth. The political economy of Japan's low fertility. Stanford University Press (Stanford, Calif.). .
  67. {2013:9784163763606} NHK取材班. 産みたいのに産めない: 卵子老化の衝撃. 文藝春秋.
  68. {2014:9784260020350} ed.= 大須賀 穣 + 京野 廣一 + 久慈 直昭 + 辰巳 賢一 + superviser= 吉村 泰典. 生殖医療ポケットマニュアル. 医学書院.
  69. {2015:9784623072996} ed.= 野上 元 + 小林 多寿子. 歴史と向きあう社会学: 資料・表象・経験. ミネルヴァ書房.
  70. {2006:477450730X} 浅田 義正. もう悩まない。赤ちゃんはきっと授かる: 「妊娠適齢期」は待ってくれない!. 現代書林.
  71. {2011:9784063895759} FRaU編集部. FRaU Body: 妊活スタートブック (講談社 Mook). 講談社.
  72. {2014:BB20966080} 荒牧 草平. 教育達成過程における階層差の生成: 親の教育的地位志向による進路選択の直接的な制約 (大阪大学 人間科学研究科 博士学位論文). 荒牧草平.
  73. {2014:Tohoku.Career} 東北大学キャリア支援センター. "東北大学 キャリアガイド2014". .
  74. {2015:BB13052019} 立教大学 社会学部 社会学科 村瀬洋一研究室. 行動科学と計量社会学: 2014年度 専門演習2・卒業論文演習 (村瀬洋一担当) ゼミ報告書. 村瀬洋一.
  75. {2015:9789401794008} ed.= Filipov, Dimitr and Liefbroer, Aart C. and Klobas, Jane E.. Reproductive decision-making in a macro-micro perspective. Springer.
  76. {2016:9784130501880} ed.= 稲葉 昭英 + 保田 時男 + 田渕 六郎 + 田中 重人. 日本の家族1999-2009: 全国家族調査「NFRJ」による計量社会学. 東京大学出版会.
  77. {2016:9784753227723} ed.= 苛原 稔. 不妊症・不育症: 改訂3版 (インフォームドコンセントのための図説シリーズ). 医薬ジャーナル社.
  78. {2016:9784779510977} ed.= 筒井 淳也 + 水落 正明 + 保田 時男. パネルデータの調査と分析・入門. ナカニシヤ出版.
  79. {2016:Tohoku.Career} 東北大学キャリア支援センター. "東北大学 キャリアガイド2016". .
  80. {2016:9789811002922} FUKUDA Nobutaka. Marriage and fertility behaviour in Japan: economic status and value-orientation. Springer.
  81. {2016:Tohoku.CCDS} 東北大学 学生生活支援審議会. "障害学生への配慮に関するガイドライン". 東北大学 学生相談・特別支援センター. .
  82. {2017:9784409241196} ed.= 佐藤 文香 + 伊藤 るり. ジェンダー研究を継承する (一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書). 人文書院.
  83. {2017:9784623079032} ed.=大豆生田 啓友 + 三谷 大紀; 協力= 山田 麗子; supervise=子供と保育総合研究所 + 森上 史朗. 最新保育資料集 2017: 保育所、幼稚園、保育者に関する法制と基本データ. ミネルヴァ書房.
  84. {2017:9784762027062} ed.= 岩上 真珠 + 池岡 義孝 + 大久保 孝治. 変容する社会と社会学: 家族・ライフコース・地域社会. 学文社.
  85. {2017:9784818824713} ed.= 平井 晶子 + 床谷 文雄 + 山田 昌弘; supervise= 比較家族史学会. 出会いと結婚 (家族研究の最前線 2). 日本経済評論社.
  86. {2017:9784861632945} 東北大学大学院文学研究科 講演・出版企画委員会. わたしの日本 (ニッポン) 学び (人文社会科学講演シリーズ 9). 東北大学出版会.
  87. {2017:BB23725003} 山内 保典. あなたならどうする?: 誠実な学びと研究を考えるための事例集 (東北大学学習・研究倫理教材 Part 1). 東北大学学務審議会; 東北大学高度教養教育・学生支援機構.
  88. {2017:BB24754801} ed.= 村瀬 洋一 + 立教大学社会学部社会調査グループ. 生活と防災についての社会意識調査報告書: 仙台市、福島市、東京都における震災被害と社会階層の関連 (2014-2016年度 立教大学学術推進特別重点資金 (立教SFR) 東日本大震災・復興支援関連研究 成果報告). 立教大学社会学部村瀬研究室.
  89. {2017:BB23725397} 菅谷 奈津恵. 東北大学レポート指南書 (東北大学学習・研究倫理教材 Part 2). 東北大学学務審議会; 東北大学高度教養教育・学生支援機構.
  90. {2018:9783319680118} Gabriele Vogt. Population Aging and International Health-Caregiver Migration to Japan (SpringerBriefs in population studies). Springer.
  91. {2018:9784005008650} 沼崎 一郎. はじめての研究レポート作成術 (岩波ジュニア新書 865). 岩波書店.
  92. {1989:4822310337} 総務庁統計局. 日本人口の成長と経済発展 (昭和60年国勢調査モノグラフシリーズ 1). 日本統計協会.
  93. {1998:0781710448} ed.=Helen Nelson Carcio. Management of the infertile woman. Lippincott.
  94. {1999:0192630881} Silverman, William A. + Sackett, David L.. Where's the evidence?: debates in modern medicine. Oxford University Press.
  95. {1999:4840725349} David L. Sackett + W. Scott Richardson + William Rosenberg + R. Brian Haynes; 監訳= 久繁 哲徳. 根拠に基づく医療: EBMの実践と教育の方法. オーシーシー・ジャパン.
  96. {2000:0443062404} David L. Sackett. Evidence-based medicine: how to practice and teach EBM: 2nd ed. Churchill Livingstone.
  97. {2000:4061495119} 米本 昌平. 優生学と人間社会: 生命科学の世紀はどこへ向かうのか (講談社現代新書 1511). 講談社.
  98. {2001:4391125161} 吉村 泰典. やっぱり赤ちゃんが欲しい. 主婦と生活社.
  99. {2001:9784326652570} 田間 泰子. 母性愛という制度: 子殺しと中絶のポリティクス. 勁草書房.
  100. {2001:4842500751} 鈴木 秋悦 + 佐藤 英明. 卵子研究法 (生殖工学のための講座). 養賢堂.

Next

Copyright (c) 2002-2008 TANAKA Sigeto

This page contains Japanese encoded in accordance with MS-KANJI ("Shift_JIS").