[Previous page] [Next page]

http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/2017/quesg/
田中重人 (東北大学文学部准教授) 2017-04-12

現代日本論演習/比較現代日本論研究演習II 2017年度(1学期) 東北大学文学研究科

質問紙調査の基礎

3年生/大学院生対象:2017年度 前期<水2>観察室 (文・法合同研究棟 2F)


[配布資料セット (PDF形式)]


[第1回配布資料 (PDF形式)]


2回目以降の資料 (HTML+PDF): [4/19] [4/26] [5/10] [5/17] [5/24] [5/31] [6/7] [6/14] [6/21] [6/28] [7/5] [7/12] [7/19] [レポート] [返却]


『講義概要』記載内容

講義題目: 質問紙調査の理論と実践
到達目標: (1) 質問紙調査の長所と短所を把握する; (2) 質問紙調査の実際のプロセスについて、体験を通して習得する
授業内容・目的・方法: 質問紙を使った調査の方法についての講義と実習をおこないます。講義では、質問紙調査の基本的な概念と方法、仮説設定からレポート作成までの一連のプロセスについて解説します。実習では、受講者が各自の選んだ研究テーマに沿って文献収集をおこない、テーマへの理論的アプローチを検討し、質問紙を作成し、調査を実施し、その結果をレポートとして提出します。
成績評価の方法: 授業中の課題と宿題 (40%)、学期末に提出する質問紙 (30%)、調査結果に基づく口頭発表とレポート (30%) を合計して評価する。
教科書: 轟亮・杉野勇 (編)(2013)『入門・社会調査法 [第2版]』法律文化社. {ISBN:9784589034892}
その他: 受講者は、 現代日本論演習/比較現代日本論研究演習I「統計分析入門」 をあわせて受講することが望ましい。
教科書は第2版 (2013) を指定していますが、旧版 (2010) あるいは第3版 (2017) でもかまいません。

授業の概要

  1. イントロダクション [4/12]
  2. 第2講 調査課題の設定 [4/19]
  3. 第3講 既存調査と先行研究の探索 [4/26]
  4. 第4講 調査対象者と調査方法 [5/10]
  5. 第5講 調査の企画 [5/17]
  6. 第6講 質問文と回答欄 [5/24]
  7. 第7講 調査票の構成 [5/31]
  8. 第8講 調査票作成 [6/7]
  9. 第9講 エディティングとコーディング [6/14]
  10. 第10講 データの入力と点検 [6/21]
  11. 第11講 報告書の執筆 [6/28]
  12. 調査結果発表会 [7/5]
  13. 調査結果発表会 (つづき) [7/12]
  14. 第12講 質問紙調査について学ぶことの意義 [7/19]

講義と並行して、受講生各自の興味に基づいてそれぞれが調査をおこなう。


次回までの宿題

教科書の第1〜4章の「基礎」の部分を読んでおくこと


参考資料


連絡先

田中重人 (東北大学文学部日本語教育学研究室)

〒: 980-8576 仙台市青葉区川内27-1 文学部・法学部合同研究棟2F
E-mail: tanakas2013@tsigeto.info
Homepage: http://www.sal.tohoku.ac.jp/~tsigeto/
Blog: http://b.tsigeto.info/school

オフィス・アワーは定めていない。質問等がある場合は、あらかじめ適当な時間に予約をとること。

受講者への連絡は、基本的に、文学部2F教務係前の掲示板または東北大学「学務情報システム」においておこなう。


TANAKA Sigeto / 2017年度授業一覧
この授業に関するブログ記事 (質問・意見はこちらへ) | RSSフィード
大学/授業に関するお知らせ一覧 / 2017年度授業の説明および前年度からの変更点

第2回の授業


History of this page:


This page is monolingual in Japanese (encoded in accordance with MS-Kanji: "Shift JIS").

Generated 2017-04-12 07:27 +0900 with Plain2.

Copyright (c) 2017 TANAKA Sigeto